スポンサーサイト

    • --/--/--(--) --:--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    なりきりの美学

    • 2010/04/26(月) 14:03:40

    ベトベトに限らずヒストリカルで一番大切だと思うのが“なりきり”
    装備やその他の物はあくまでも飾り。
    ベトナム戦争の兵士である事を表現する為の
    ツールでしかないと思います。

    第10戦で作戦前に南側の皆さんの名前を尋ねましたが
    パッと答えられた方は何人いたでしょうか?
    『ベトベトしま戦か?』という特殊な空間に一歩でも踏み入れたら
    日本人の会社員でも学生でもありません。
    自分で決めた設定の通り
    アメリカ人、ベトナム人、
    米軍兵士、政府軍兵士、共産軍兵士、解放戦線兵士、
    戦場カメラマン、農民なんです。
    ここでなりきれず、日常を引きづったままだと
    単なる緑青臭い照れた日本人ですww

    せっかく高い金払って装備を集めても中身が空っぽではマネキンです。
    当時の兵士の設定を考え、心情を理解し、当時の状況を想像し
    ベトナム戦争の登場人物になりきる事が出来れば大変、楽しいと思います。

    最近、“なりきり”という部分で感心したのが仲 里依紗
    20091102_1374100.jpg
    『ハチワンダイバー』やTDLのCMで可憐な姿を見れますが
    5月1日公開の『ゼブラーマン』では敵役のゼブラクィーンとして登場します。
    この恐ろしいまでの変わりよう。「役者だからね」と一言で済ますのは簡単ですが
    若干20歳ながらこの“なりきり”っぷりは感心します。
    映画雑誌でインタビューを読んだのですが
    化粧と衣装を着た瞬間にゼブラクィーンになりきれるそうです。
    自分の中のゼブラクィーン像を創り出すためには、
    普段から妄想が趣味らしく常に妄想をしているからかも…と語っていましたが
    妄想なら我々も負けないはずですww
    次回11戦に向け、アメリカ人(日系人)、ベトナム人になりきれるよう
    自分なりの設定を考え瞬時になりきれるよう特訓しておいて下さいww

    スポンサーサイト

    献杯

    • 2010/04/07(水) 12:11:43

    今日、4月7日は三島軍曹こと三島Bobroskie瑞穂氏の命日であり
    今年2010年は三回忌にあたります。
    このブログをよんでいる方には説明不要でしょうが、
    氏は『ヴェトナム戦争軍装ガイド』の翻訳で知られる
    日本人として数少ないベトナム戦争時にSFGとして現地で戦った方です。
    除隊時には陸軍曹長だったのですが、何故か軍曹と言われてます。
    misima_2.jpg
    アホカリやVマットなどで話された方も多いと思います。
    私は数回しかお会いしてませんので偉そうに語るほどの想い出はありませんが
    あの小さな体からは想像できない力強さで
    「ウン。がんばれよ!」と交わして頂いた握手は忘れられません。

    実際の戦闘に出ていた人間なら遊び半分で軍装をしている人間を見て
    不快感や軽蔑を感じてもおかしくないと思うのですが
    不躾な質問にも丁寧に答えてくれるまさに紳士然とされた方でした。
    多くの著書がありますので未読の方は是非読んでみて下さい。

    アホカリでは特殊部隊スクールを開いたり戦場に向かう我々にハッパを掛けてくれたり
    日本のベトナム戦争ヒストリカルの父と言っても過言ではないでしょう。
    05.jpg
    ベト10ではハリケーンピートさんから写真を提供して頂きましたので
    開会式で三島軍曹に対して黙祷と敬礼を捧げたいと思います。

    今日は氏の好きだったバドワイザーで献杯し『ヴェトナム戦争軍装ガイド』を読んで
    三島軍曹を偲びたいと思います。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。